• ホーム
  • 薄毛は遺伝する!将来ハゲないために今できること

薄毛は遺伝する!将来ハゲないために今できること

2020年04月08日
髪が薄い男性

テストステロンとリダクターゼが一緒になってジヒドロテストステロン、つまりDHTを作ることがAGAの原因となるのは理解いただけたでしょうか。またAGAは遺伝によるところも大きいです。特に髪の毛に関しては、母方から受け継ぐことになるので、もし母方の祖父が薄毛だった場合は、AGA発症の確率はかなり高まると言っても過言ではありません。そのための対策を、若いときから考えておく必要があるのです。

メカニズムとしては、特に5αリダクターゼの働き、そしてDHTに対する毛母細胞の感受性の強さ、この二つがAGAとなるかどうかを決定づけるといえます。5αリダクターゼの活性度が高い人は、体質的にDHTを多量に作り出しやすくなるのです。AGAになる確率が比較的高い人の場合、母方の祖父がこういう体質であるとも考えられます。

5αリダクターゼの活性度の高低を決める遺伝子は優性です。そのため遺伝子が受け継がれやすくなります。またDHTを生成するには、男性ホルモンの受容体が必要になります。この受容体の感受性が強いほど、DHTの作用もまた強くなってしまいます。この遺伝子はX染色体上にみられます。このようなメカニズムであることから、特に母方の祖父が薄毛の場合は、注意する必要があるのです。

母方の祖父が薄毛だけど自分は薄毛になりたくない、そのようなときはまず医療機関に行くようにしましょう。今の頭皮や毛髪の状況をまずチェックしてもらい、それに合わせて薄毛になりにくい方法を指導してもらうのです。また症状が出始めたと診断された場合は、どのようにすれば改善できるかを相談するようにしましょう。

もちろん場合によっては、育毛剤やサプリメントなどを使って発毛を促進することもできます。また生活環境も大きくものをいいますので、自分の食生活や睡眠もチェックしましょう。それからタバコを吸うか吸わないかが、大きく影響することもあります。ニコチンに血管収縮作用があるためです。

それから男性だけでなく、女性でも薄毛となることがあります。よくFAGAと呼ばれていますが、こちらも遺伝によって起こることが多いとされています。女性の体内にも男性ホルモンがわずかながら存在していますので、それが女性ホルモンより優位になった場合にこのFAGAとなります。女性の場合も対策は薬やサプリメント、育毛剤や生活習慣の改善などです。ただ女性の場合はプロペシアが使えないので、医療機関で治療を行うときには別の薬を用いることになります。