薬を持っている男性

男性でまだ若いのに髪の毛が抜けるとか、頭皮が見えるほど薄くなってしまったという人はいませんか。そのような人は男性型脱毛症、いわゆるAGAの可能性があります。特に額の生え際や頭頂部から、徐々に薄くなって行くケースが多いですが、前頭部から禿げあがることもあります。

このAGA、男性型脱毛症は治療が可能です。医療機関を受診して薬を処方してもらうと、元通りに髪が生えてくる確率も高いです。ただし保険適用外の自由診療なので費用はある程度かかり、初診は2万円から3万円、毎回の通院で1万円ほどになります。安く抑えたいときの方法として、個人輸入通販もあります。

AGAには専門クリニックがある

AGA、男性型脱毛症の治療には専門クリニックがおすすめです。もちろん普通の病院で治療をしてもらえることもありますが、本格的に治療をしたいのであれば専門クリニックの方がいいでしょう。まず無料カウンセリングがありますので、ここで自分の悩みや治療方法に関する質問をするようにしましょう。この無料カウンセリングのときに、通院時間や回数も聞いておくようにしておきます。

初診時に検査が行われます。基本的にAGA治療は自由診療であり、保険の適用がありません。そのため実費負担となります。初回で数万円、その後も通院の度に1万円ほどの費用がかかるので、かなり高額と感じられることもあります。

治療方法は投薬が中心で、ミノキシジルとプロペシアが主に使われます。ミノキシジルには外用薬と内服薬、プロペシアは内服薬になります。このうちドラッグストアなどで手に入るのは、ミノキシジルの外用薬のみです。もし内服薬を処方してもらおうと思ったら、比較的高額ではありますが、クリニックの自由診療を受けるのも一つの方法です。

費用がかかるという印象が強いクリニックですが、中には比較的お手頃な費用で治療をしてもらえるクリニックもあります。通常1万円のところを5000円ほどで治療してもらえるので、これだといくらか出費を抑えることができます。自分でネット検索して、行ってみるのもいいでしょう。その他には、投薬をジェネリックにしてもらうという方法もあります。

投薬でジェネリック、いわゆる後発医薬品を希望すると、それだけ薬代が安くなりますので、いくらか治療費を抑えることができます。ただしクリニックによって、ジェネリックを出してくれる所とそうでない所があります。クリニックを決めるときに、ジェネリックの処方があるかどうかをチェックしておくのもいいでしょう。

しかしそれでも高額であるとか、そこまで費用を出す余裕がないという人もいるでしょう。そのような人におすすめなのは、薬を自分で購入する方法です。ただし日本国内の場合、一部の外用薬を除いては医療機関の処方箋が必要になります。そのため業者を通じて購入することになります。これは一種の通販となりますので、信頼できる業者を選んで購入しましょう。

もっと安く治療できる方法は?

AGAの薬を通販で購入するときは、国内業者と海外業者のどちらかを選択することになります。もちらんこれらの業者には、それぞれ一長一短がありますので、それぞれの公式サイトやおすすめサイトなどを見た上で決めるようにしましょう。業者によっては、クレジットカードが使えず銀行振込のみということもありますので、何社かを比較した上で決めるようにしてください。

また個人輸入をする場合は、当然ながら処方箋がありません。そのため薬で副作用が出た場合も、すべて自己責任になってしまうということを把握しておきましょう。副作用はミノキシジルの場合は皮膚疾患や、血管拡張による頭痛などがあります。ミノキシジルは元々血圧を下げる薬で、血行をよくする作用があるからです。またプロペシアの場合は、性機能不全になりやすくなるので、こういった点に気を付けるようにします。

それから気を付けておきたいのは、業者によっては悪質なものもあるということです。偽の薬を売りつけられてしまいます。これではもちろん効果が出るはずがありません。必ず大手の、信頼できる相手から買うようにしてください。金額は一月あたり5000円ほどが相場ですが、ジェネリックで定期購入の場合はさらに1000円ほど安くなりますので、その意味でもジェネリックを購入するメリットは大きいです。

それから、もしできれば事前にクリニックに行って無料カウンセリングと検査を受けた上で、薬を購入するようにしましょう。実はこれは、通販業者の利用規約にも記載されています。まずクリニックに行き、それから薬を個人輸入という方法がやはり一番のおすすめです。またクリニックによっては、オンラインで相談を受け付けてくれることもあるので、それを利用してもよいでしょう。

安い方法を模索したいという気持ちは分かります。しかしAGAは薬で治療を行うものであり、素人判断で薬代を値切ってしまうと、かえってよくありません。医療機関はちょっと高いけれど、個人輸入なら何とかお金を出せるという場合は、多少は高くてもちゃんとして業者を選ぶことです。どの業者がよいのか判断がつかないときは、治療費が比較的手頃なクリニックの方がむしろ安心できるかもしれません。